美しくて綺麗な歯でワハハと笑っていこう|審美歯科と裏側矯正

矯正治療の違いと今後

dental

表側矯正と裏側矯正の違い。

今まで日本では海外に比べて歯並びの重要性はあまり重視されてきませんでした。 日本人は顔や顎などの骨格が小さく、歯が綺麗に並びきらず八重歯や出っ歯などの歯並びが悪くなってしまう事が多くあります。 小学生などの幼い内に歯の矯正治療を始めてきれいな歯並びを手に入れる人は、両親の意向が大きいと思います。 大人になって歯並びの悪さが気になった場合、矯正治療を始めるのに少し勇気がいると思います。 表側の矯正治療の場合、治療期間は早く終了しますが、審美的に気になります。 裏側矯正の場合、歯の矯正治療をしている事を他人に知られずに歯並びを治す事が出来ます。 ただし裏側矯正の治療は表側矯正よりも治療期間が長くなる事が多い様です。

これからの矯正治療は。

学生などの若い時に歯並びの治療をする機会がなかった人が、大学生や金銭的に余裕ができた社会人になって歯の矯正治療を始める人が多くいます。 特に女性は歯並びが悪いと口紅が歯についてしまったり、歯並びを考える機会が多くあります。 社会人になってから歯並びを矯正する場合、裏側矯正を選択する人がとても多くいます。歯並びによっては裏側矯正が向いていない場合もあり、歯科医に相談する必要があります。 多くの人に知られる事もなく人の目を気にする事もなく、歯並びを直せる治療が選べるなら、ぜひ裏側矯正を選択したいと思います。 今は特に治療以外に歯並びの重要性も大切と多くの歯科医が言っていますのでますます歯の矯正治療が様々な世代で行われると思います。