美しくて綺麗な歯でワハハと笑っていこう|審美歯科と裏側矯正

矯正装置色々

dental

矯正歯科治療で注意すべきなのが矯正装置の選び方です。矯正歯科治療にはさまざまな特性を持った矯正装置・矯正器具があり、患者の症状や生活スタイルなどによって使い分けています。精密検査の結果、患者に最も適切な矯正装置を歯科医師と共に選ぶことになりますが、各矯正装置のおおまかな特性については私たちも把握しておくべきだと思います。 従来の矯正装置はワイヤーとブラケットを用いたものが多く、歯の裏側に装着するマルチブラケットや裏側に装着するリンガルブラケットなどがあります。また、上顎だけを裏側に装着することで全体のコストを下げ、審美性を高めるハーフリンガルがあります。 最新の矯正装置では、従来の装置と比べて治療期間が短縮されるセルフライゲーションシステムやマウスピース型で可撤式のインビザラインやアソアライナーなどが存在します。

矯正歯科治療において知っておくべきだと思うのは、矯正治療にかかる平均的な費用です。矯正歯科治療は一般的な歯科治療と比べても高額になりやすく、歯科医院によって費用も異なるため平均的な費用について知っておくことが歯科医院選びの際に役に立つからです。 治療にかかる費用の差は歯科医院、患者の症状、矯正装置によって大きくなります。まず、矯正治療は自由診療のため、医院が自由に金額を設定することができます。地価の差も大きく影響し、地方に行くほど低く、都心部ほど高くなります。患者の症状によって費用に差が生じるのは治療期間中も通院する必要があるため、症状が重く長期化してしまうと費用がかかるからです。矯正装置は特殊であればあるほど高くなる傾向にあります。これらを踏まえた上で、平均的な治療費を知っておくと歯科医院選びが楽になります。