美しくて綺麗な歯でワハハと笑っていこう|審美歯科と裏側矯正

痛みがない治療

dental

近年増えている無痛治療

歯科医院で虫歯の治療をする時に、誰もが不安に思うのが治療時の痛みです。痛くなければ、気軽に歯科医院に通うことができます。近年の歯科医院では、いろいろな最新機器を導入して痛みを感じない「無痛治療」を実現させています。 無痛治療の代表的なものとして、カリソルブという治療があります。これは、虫歯部分のみを溶かすことができる薬のことです。治療方法は、薬液を虫歯の部分にたらして約30秒待つだけです。すると、虫歯が溶けて柔らかくなっていきます。その部分を手用器具で掻き出して、コンポジットレジンを充填して治療は終わりです。 この治療は、健康な歯には外を及ぼさず、ドリルを使用しないので痛みが全くないです。なので、恐怖心の強い患者さんに最適です。

歯医者で治療を受ける時のマナー

歯科医院で治療を受ける際には、医師が気持ちよく治療を行うために色々と気をつけるべきマナーがあります。やはり医師も人間ですので、失礼なことを行うと不愉快に感じさせてしまいます。 まず気をつけるマナーは、初診時に保険証を忘れないことです。そもそも保険証を持参しなければ、保険診療を受けることができなくなります。患者さんの中には、後から持っていくという方がいます。しかし、やはり最初にきちんと持っていった方が印象が良くなります。 その他の気をつけるべきマナーは、きちんと治療前に歯を磨くことです。また、入れ歯も忘れずに洗う必要があります。歯の汚れが多いと、歯科医院で治療前に歯面清掃を行うことになります。そうすると、予定していた治療をすべて行う事ができず、効率が悪くなります。なので、注意したほうが良いです。